[蔵の想い]

人を喜ばせる、ささやかな奇蹟を。

素当蔵の創業は戦後まもない時代、先々代が郷里のここ奥能登の珠洲で焼酎造りに取り組んだのがはじまりでした。
以来、北陸は石川県内でも唯一の本格焼酎専門メーカーとして、紆余曲折ありながらも今日までその伝統を引き継いできました。
能登は、海川山の自然が凝縮されたうつくしい半島。
それをいかした古い伝統文化があり、季節ごとの祭りがあり、
手づくりの素朴な酒も料理もおいしいところです。
もともと焼酎といえば、多くは気候の温暖な地域で造られてきたもので、雪国の焼酎というと大変珍しく思われるかもしれませんが、この土地の気候風土の中でじっくりと熟成させた焼酎は、またひと味ちがった独特のまろやかな風味があります。
とくに原料は麦一本にこだわっています。
親しみやすく飽きのこない味で、なおかつ無添加で体にもいい、高品質の焼酎を造り続けたいと思っております。
ぜひ一度お試しになってみてください。能登の心づくしの本格焼酎、皆様に飲んでいただければ幸いです。

代表取締役社長
藤野裕之